• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

国連機関として初「ユニセフ仮想通貨ファンド」設立を発表-仮想通貨のまま、オープンソース技術の支援に活用

  • feedy

【2019年10月9日 ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)は、新たに設立されたユニセフ仮想通貨ファンド(UNICEF Cryptocurrency Fund)を通じて、仮想通貨イーサとビットコインによる寄付を受領し、保持し、支払うことができるようになったと発表した。国連機関として初めて、ユニセフは仮想通貨を使って、世界中の子どもや若者に利益をもたらすオープンソース技術に資金を提供する。

ユニセフ仮想通貨ファンドに寄せられた寄付は、他の通貨に交換されることなく、それぞれの仮想通貨のまま、資金供与される。

「これはユニセフにとって新しく心躍る冒険です」とユニセフ事務局長のヘンリエッタ・フォアは述べた。「もしデジタル経済とデジタル通貨が次の世代の生活を形作る可能性を秘めているのであれば、私たちがその機会を探求することが重要です。だからこそ、仮想通貨ファンドの設立は、人道支援や開発支援における重要かつ歓迎すべき一歩です」

ユニセフ仮想通貨ファンドへの最初の寄付は、イーサリアム財団から受け取る**予定である。ユニセフ・イノベーション・ファンドが投資先としている、世界的な課題の解決のためにブロックチェーン技術を活用するプロジェクトを遂行している3社*、および、世界各地で学校におけるインターネット環境を整備するプロジェクトへの助成に、その最初の寄付が用いられる。

「イーサリウム財団は、イーサリアムとブロックチェーン技術が、世界中のコミュニティのために何ができるかをお見せできることにわくわくしています。私たちは仮想通貨ファンドを通じて、ユニセフと共に、基本的なニーズ、権利、資源へのアクセスを改善するために動き始めています」と、イーサリアム財団のエグゼクティブディレクター宮口あや氏は述べた。「一緒に真の進歩を遂げるためのユニセフのリーダーシップに感謝します」

ユニセフ仮想通貨ファンドの立ち上げは、ユニセフが以前から進めているブロックチェーン技術を活用した取り組みの一環である。ユニセフは、国連WFPと共に、国連イノベーションネットワークを主導している。このネットワークは、ブロックチェーンやその他の新しい技術の可能性と潜在リスクの調査を担っていると言う。

* * *

■補足

ユニセフ仮想通貨ファンドへの最初の寄付が活用される、ユニセフ・イノベーション・ファンドの投資先の3社とそのプロジェクトの概要は以下の通り。

  • Prescrypto(メキシコ):途上国における電子処方箋の不足に対しデジタルによる解決策を提供し、医療従事者による患者の診療履歴への閲覧を一元化し、医療ケアの水準を向上させる
  • Atix Labs (アルゼンチン):中小企業が資金を調達し、資金の使用を追跡したり影響を測定できるプラットフォームの構築
  • Utopixar(チュニジア):コミュニティや組織のための参加型意思決定プロセスや価値の転換を促進するためのソーシャルコラボレーションツールを提供する

**イーサリアム財団は、フランスのユニセフ協会を通じて最初の寄付を行うと言う。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。