• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOSTプラットフォーム、ブロックチェーン技術の社会実装の段階へ、エネルギー分野と人材・仕事

  • feedy

リモート・ワーカーがプロジェクトベースで仕事に参加できるプラットフォーム「GUILD」、長野県富士見町の住民が参加する「電力取引の実証実験」が、2020年はじめにリリースされる。これらのブロックチェーン技術に支えられたアプリケーション・ソフトウェアは、現在日本の優秀なエンジニアたちによって開発。
この記事では、IOST財団(日本担当:太田真)が取り組む2つの分野(エネルギーと人材・仕事)、IOSTプラットフォームを活用した2つのプロジェクトを紹介する。

GUILD

  • GUILDは、自律分散型の組織をオンライン上で運営するためのプラットフォームを提供。
  • プロジェクトベースでの新しい組織の在り方を提案する。

GUILDは、株式会社 PHI(本社:大阪市、代表:岡崇)が進める世界へ向けたプロジェクトである。PHIは、近畿大学生が立ち上げたブロックチェーン技術にコミットメントするスタートアップ。PHIのエンジニアたちは、GUILDに先立ち、ブロックチェーン技術を活用した入退室管理のアプリケーション「POTAL」を開発した。

GUILDプロジェクトは、国内のインキュベーターから、シードラウンド 2,500万円を調達。

GUILDは、専門的なスキルを持つプロフェッショナルたちが、プロジェクトベースで結びつき、インセンティブ設計をデザインできる、オープンガバナンスプラットフォームである。

"プロジェクトチームの結成から、意思決定や資金決済までチームの活動を包括的に提供、直感的なインターフェースとシームレスな資金移動で、プロジェクトの成功を全面的にサポートします"

現在GUILDのチームは、2020年Q2のベータ版リリースに向けて、海外での顧客開発を進めている。

エネルギーコンサルティング企業 elDesign がリードする電力取引の実証実験

  • 長野県富士見町がサポートする住民参加の社会生活の中での検証
  • 経済性と社会性、マーケットのビジネスモデルを考察

地域の発電家と需要家が参加して、電力の希望の落札額と購入額をそれぞれが入札を行う。入札には、ブロックチェーン上で発行するポイントを使用。取引の成立は約定ルールに従って決定される。そのポイントの管理と約定の仕組みをブロックチェーン(分散型台帳)とスマートコントラクト(ブロックチェーン上で動くプログラム)で行う。

実証実験のシステム構成

参加企業:
elDesign株式会社
森のエネルギー株式会社
エバーシステム株式会社

長野県富士見町での記者発表が以下のメディアで取り上げられている。

富士見町の名取町長(長野日報より)
"事業化につながれば町の雇用を創出し、地域が活性化する。大変ありがたい"

elDesignの坂越代表(電気新聞より)
"一般家庭の方が飽きないゲーム性などを持たせた仕組みを検討する必要がある"、"企業が安価な再生可能エネルギーを購入するのに利用することも考えられる"

記者発表の様子(2019年11月14日)
写真左上:左からelDesignブロックチェーン事業統括の平手氏、同社の坂越代表、富士見町の名取町長、IOST財団の共同創業者兼CTOテレンス ・ワン、エバーシステムの和田代表

2019年12月に現地で参加予定の住民に説明会を実施、2020年2月に約10日間の実証実験を行う予定。

<記事に関しての問い合わせ>
IOST/IOS財団 日本担当 / 太田真 / makoto. ota@iost.io

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。