• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

仮想通貨取引所バイナンス、シンガポールドル建て取引のテストを実施

  • feedy

仮想通貨取引所大手のバイナンスは、シンガポールドル建ての仮想通貨取引に乗り出すようだ。バイナンスのジャオ・チャンポン(趙長鵬、通称CZ)CEOが、ツイッターの中で、9月18日から3日間にわたってクローズドのベータテストを実施することを明らかにした。

ジャオ氏は、今週末にシンガポールで開かれた仮想通貨イベント「CumberlandSays」の中で、タイラー・ウィンクルボス氏とともに登壇。イベントの中でシンガポールドルによるベータテストについて「口を滑らせた」という。

ツイートによると、シンガポールの法定通貨による取引を実際のマネーを使い、クローズドのベータテストで18日から3日間行う。現在のところ、ツイート以上の情報は明らかにされていない。バイナンスは法定通貨建て取引プラットフォームを確立しようと、模索し続けている。

今年8月、バイナンスはリヒテンシュタインの取引所LCXと、合弁会社のバイナンスLCXを設立すると発表。スイスフランやユーロ建ての取引を提供する予定としている。まずはビットコインなど、主要な仮想通貨から提供する計画だ。

また今年6月、コインテレグラフとの取材の中で、アフリカ東部のウガンダで法定通貨建ての取引プラットフォーム「バイナンス・ウガンダ」を設立することを明らかにした。ただこの場合、取り扱う通貨は、ウガンダの法定通貨であるシリングだ。

仮想通貨取引所大手のフォビは先週、日本の仮想通貨取引所ビットトレードを実質的に買収。フォビもこれまで仮想通貨ペアの取引に特化していた。フォビは初めて合法的に法定通貨とつながる取引プラットフォームを持つことになる。

    免責事項

    当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

    当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

    当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

    投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

    なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

    当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

    つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。