• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

仮想通貨取引所バイナンス、リフィニティブのKYCソリューションを利用開始

  • feedy
仮想通貨取引所 バイナンス(binance) サムネイル画像

仮想通貨取引所のバイナンスは、金融ソフトウェア企業リフィニティブの提供する自動顧客確認(KYC)アプリケーションの利用を開始することを発表した。
11月20日付の発表により明らかとなった。

コインテレグラフによると、バイナンス社もコインテレグラフの取材に対して直接、リフィニティブのソフトウェアの利用を認めた。

元々はトムソン・ロイターのファイナンシャル&リスク部門であったリフィニティブは、市場データやインフラの提供を行っており、そのポートフォリオは世界で4000を超える組織に及ぶと報じられている。

発表によれば、このKYSソリューションによって、調整取引規模で世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスは、ワールド・チェック・リスク・インテリジェンスデータベースを社内ワークフローに統合することができるようになる。これによってバイナンスが、オン・ボーディング、KYC、そして第三者リスク・デューディリジェンスのための審査プロセスを効率化することができるとされている。

リフィニティブの中東&アフリカ担当責任者のナディム・ナジャール氏は、仮想通貨取引所がKYCの仕組みを追加する必要性について次のように語った。

「ここ数年規制当局は、仮想通貨を法定通貨へと移そうとする人は誰でも、通常の銀行が個人に課すのと同じKYC要件を確実に満たすようにしようとする取り組みを続けている。」

KYCとは、企業が顧客の身元を確認し、取引関係における不法な意図のリスクの可能性を評価するプロセスである。リフィニティブの声明によれば、同社のサービスは200を超える国の信頼できる情報源からの法人データを取り入れ、100を超える規制当局や金融機関で試されたグローバルなポリシーによって支えられている。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。