• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

18

bitFlyer EUROPE S.A.の Payment Institution License 取得及び欧州事業開始

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

国内最大級の仮想通貨・ブロックチェーン企業である株式会社bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:加納 裕三)の子会社であるbitFlyer EUROPE S.A.(以下、「bitFlyerEUROPE」)は、ルクセンブルク金融監督委員会(以下、「CSSF」)の指導のもとPayment Institution Licenseを取得した事を発表した。また、2018年1月23日(グリニッジ標準時間)より欧州連合(以下、「EU」)において仮想通貨交換業を開始したことも発表した。

bitFlyer EUROPEのEUにおける仮想通貨交換業開始は、同社グループにとって2017年11月の米国事業開始に続く海外進出案件となる。また、Payment Institution Licenseを取得したことで、同社グループは日本・米国・EUにおいて仮想通貨交換業のライセンスを取得した世界で初めての事業者となった。bitFlyer EUROPEはルクセンブルクを拠点に欧州事業を展開し、取引量の多いプロトレーダー向けサービスから提供を開始する。

ーーーーーーーーーーーーー
以下、bitFlyer社より引用

bitFlyer EUROPE COO Andy Bryant のコメント
「bitFlyer EUROPEが欧州において提供するのはプロトレーダーを対象としたプラットフォームです。WEBインターフェースあるいはAPIを通じて、安定した高速取引が実現できます。」

当社代表取締役兼bitFlyer EUROPE Chairman加納裕三のコメント
「bitFlyerは2014年の創業当初から世界展開を目指しており、またビットコインと仮想通貨業界の長期的な発展には規制導入が不可欠であると当時より考えていました。当社グループが日本・米国・EUにおいて仮想通貨交換業のライセンスを取得した世界で初めての事業者となったことを光栄に思います。この度のPayment Institution License取得は当社グループやお客様だけでなく、仮想通貨業界に対してもポジティブなものになると考えています。」

ルクセンブルク財務大臣Pierre Gramegnaのコメント
「日本で最も成功しているスタートアップの 1 社であるbitFlyerがルクセンブルクを欧州拠点として選んだことを嬉しく思います。」

世界最大の仮想通貨マーケットメイカーの1社BitSpread CEO Cedric Jeansonのコメント
「bitFlyerが欧州事業を開始することを嬉しく思います。仮想通貨取引がより一般化し機関投資家が参入するにあたって、欧州における機関投資家の需要を満たすプラットフォームが不足していました。」

bitFlyer EUROPEではまず、BTC/EURの通貨ペアを提供いたします。加えて、2018年中にLitecoin、Ethereum、Ethereum Classic、Bitcoin Cashなどの仮想通貨の取扱いを予定しています。また、2018年2月末まで取引手数料無料キャンペーンを実施いたし ます。

【bitFlyer EUROPE について】
bitFlyer EUROPE は、当社の完全子会社です。オフィスをルクセンブルクにおき、欧州のプロトレーダー向けに仮想通貨取引所を運営しています。
bitFlyer EUROPE コーポレートサイト:https://www.bitflyer.com/en-eu/

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。