• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

就活支援サービス「レクミー」展開のリーディングマーク、総額4500万円の資金調達を実施

  • 0
  • feedy

就活支援サービス「レクミー」や無償の適性検査「キャリアサービス」を通じて、「採用を科学する」を推進する株式会社リーディングマーク(本社:東京都目黒区、代表取締役:飯田悠司)は、複数の個人投資家から総額4500万円の資金調達を完了したことを発表した。

今回の引受先である個人投資家は、鎌田和彦氏(株式会社オープンハウス取締役副社長)、高野秀敏氏(株式会社キープレイヤーズ代表取締役)、吉川徹氏(株式会社マイベスト代表取締役)の3名である。

新たに調達した資金は、「レクミー」や「キャリアベース」の開発研究およびマーケティングの強化に向けた人件費に充当し、事業を加速させていく。

リーディングマークは今回の資金調達を通じて、より高いレベルで「採用を科学する」を実現することを目指す。

今回の調達で創業以来の累計調達額は約3億8100万円となった。