• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

株式会社リーディングマーク 総額1億7500万円の資金調達を完了

  • feedy

日本最大級の優秀層就活支援サービス「レクミー」や無償の適性検査「キャリアベース」を運営する株式会社リーディングマーク(東京都目黒区、代表取締役:飯田 悠司、以下リーディングマーク)は、第三者割当増資を実行し、ベンチャーキャピタル3社から総額1億3000万円の資金調達を完了した(一部既存株主からの株式引受を含む)。

本資金調達の割当先は、すでにリリース済の鎌田和彦氏(インテリジェンス(現パーソルキャリア)創業者/元代表、現在オープンハウス副社長)、吉川徹氏(マイベスト代表)、株式会社キープレイヤーズ(高野秀敏氏)に加え、イノベーション・エンジンPOC投資事業有限責任組合およびイノベーション・エンジンPOC第2号投資事業有限責任組合(無限責任組合員:イノベーション・エンジン株式会社)、しらうめ第1号投資事業有限責任組合(無限責任組合員:株式会社城南未来ファンド、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社)、株式会社レジェンド・パートナーズ(東京都港区、取締役会長:海老根 智仁(オプト元代表)、代表取締役:石川 智明)となります。本資金調達ラウンドの累計調達額は1億7500万円となり(一部既存株主からの株式引受を含む)、今回の資金調達をもって本資金調達が完了した。
なお、リーディングマークの累計資金調達額は、総額約4億6200万円となる。
本資金調達の資金は、レクミーやキャリアベースを中心とした当社の事業推進、とりわけプロダクト開発やマーケティングの強化を目的とした人件費や開発費に充当すると言う。