• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

AIによる特許審査シミュレーションシステム開発のゴールドアイピー、日本技術貿易と資本業務提携

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

人工知能による特許審査シミュレーションシステム『IP Samurai®』を開発する株式会社ゴールドアイピー(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:白坂一)と、知的財産権を総合的にマネジメントする日本技術貿易株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮﨑潔)は、人工知能を活用した特許調査業務の将来的なプラットフォーム構築を目指すパートナーとして資本業務提携契約を締結したことを発表した。

日本技術貿易株式会社は、知的財産権に関するあらゆるニーズに対応することを目指す知的財産総合サービス会社として、発明者・企業の知的財産部門の悩みを解決しつづけてきた。

株式会社ゴールドアイピーは今年4月に人工知能を用いた特許審査シミュレーションシステム『IP Samurai®』を開発した。『IP Samurai®』は発明内容(新しいアイデア)をテキストボックスに入力するだけで、「特許分類付与から先行技術調査→発明の内容理解・認定→特許登録可能性のランク付け」までを短時間で行うことができ、調査にかける時間やコストを大幅に削減することができる。

ゴールドアイピーと、日本技術貿易は、発明者の知的創造により注力してもらうために特許調査の質および負担軽減を目指し、今回の資本業務提携に至った。