• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

AIを用いた特許審査シミュレーションシステム開発のAI Samurai(旧ゴールドアイピー)、資金調達を実施

  • 3
  • feedy

人工知能を用いた特許審査シミュレーションシステム『IP Samurai®』を販売する株式会社AI Samurai(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:白坂一)は、NECキャピタルソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今関智雄)と株式会社ベンチャーラボインベストメント(本社:東京都中央区、代表取締役:山中唯義)が運営する価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合から出資を受けたことを発表した。

AI Samuraiが開発した『IP Samurai®』は、特許審査シミュレーションシステムで、発明内容をテキストボックスに入力するだけで、AI(人工知能)が特許分類付与・先行技術調査・無効資料調査・クリアランス調査を行い、発明の内容理解・認定・特許登録の可能性のランク付けを行う。

シリーズBでは、昨年大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社他6社より3億5,000万円の出資を受けており、創業から累計で5億2,800万円の資金調達となった。

AI Samuraiは、今回を含めたシリーズBで調達した資金で特許審査シミュレーションシステム『IP Samurai®』の性能を向上させ、クライアントに対する更なる価値の向上を進めていく。