• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

旅行業界に特化したAIチャットボットサービスなどのtripla、総額約6億円の資金調達を実施

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

AI自動回答を提供する「triplaチャットボット」サービスと最短4クリックで予約が完了するSaaS型宿泊予約システムである「triplaホテルブッキング」を提供するtripla株式会社 (所在地 : 東京都中央区、代表取締役:高橋和久・鳥生格)が、合計9社より約6億円の資金調達を実施したことを発表した。

triplaは「triplaチャットボット」と「triplaホテルブッキング」の2つのサービスを軸にビジネス展開をしている。

「triplaチャットボット」サービスは、ホテル、旅館、レンタカー、鉄道、飲食店、アクティビティといった旅行者が利用する施設の自社ホームページにチャットを設置し、旅行者からの質問に対してチャットを介して回答を行うサービスである。

今回調達した資金によって、「triplaチャットボット」及び「triplaホテルブッキング」の両サービスの販売拡大を行っていく。

引受先は以下となる。
・三井住友海上キャピタル株式会社 (所在地 : 東京都中央区 取締役社長 石上 壽一)
・イノベーション・エンジン株式会社 (所在地:東京都港区 代表取締役 佐野 睦典)
・リード・キャピタル・マネージメント株式会社 (所在地:東京都港区 代表取締役 谷本 徹)
・CSAJスタートアップファンド投資事業有限責任組合 (所在地:東京都港区 代表理事 荻原 紀男)
・NREGイノベーション1号投資事業有限責任組合 (所在地:東京都千代田区 代表取締役 軒野 仁孝)
・JR東日本スタートアップ株式会社 (所在地:東京都新宿区 代表取締役社長 柴田 裕)
・ハックベンチャーズ株式会社 (所在地:大阪府大阪市 マネージング・パートナー 金沢 崇)
・株式会社 Kips (所在地:東京都千代田区 代表取締役  國本 行彦)
・株式会社ラクス (所在地:東京都渋谷区 代表取締役 中村 崇則)