1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. AI・人工知能
  4. 3Dプリント義肢装具開発のインスタリム、慶應イノベーション・イニシアティブなどから資金調達を実施

3Dプリント義肢装具開発のインスタリム、慶應イノベーション・イニシアティブなどから資金調達を実施

  • feedy

3D-CAD、3Dプリンティングおよび機械学習(AI)技術を活用して低価格な3Dプリント義肢装具を開発するインスタリム株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役CEO:徳島泰)は、株式会社慶應イノベーション・イニシアティブおよび株式会社ディープコアへの第三者割当増資により、総額8,400万円の資金調達を実施したことを発表した。

インスタリムは、義肢装具製作専用の3Dプリンタ、独自アルゴリズムによる形状レコメンド機能などを備えた3Dモデリングソフトなどを含む、義肢装具のカスタム量産ソリューションを独自開発した。

これにより、従来の約10分の1となるコストダウン・納期短縮を実現でき、新興国・開発途上国を含む多くのユーザーに義足を提供することが可能となり、また現在開発中のAIアルゴリズムを用いた全自動モデリング機能により、更なるコストダウン・期短縮を目指している。

今回の資金調達により、フィリピンのマニラ首都圏で設立した現地法人を通じた3Dプリント膝下義足事業を本格開始するとともに、3Dプリント大腿義足などの新たな製品の研究開発を推進していく。