• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

不動産投資プラットフォーム「Gate.」提供のリーウェイズ、静岡銀行などから総額約2億円の資金調達実施を発表

  • 0
  • feedy

不動産投資プラットフォーム「Gate.」を提供するリーウェイズ株式会社(所在地: 東京都渋谷区、代表取締役:巻口成憲)は株式会社静岡銀行(所在地:静岡県静岡市、頭取:柴田久)、株式会社Casa(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:宮地正剛)の二社と資本業務提携を締結し、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表した。

リーウェイズは、全国6,000万件超の不動産物件の賃料データをはじめとした不動産取引情報や、人口動態・地価情報などのビッグデータをAI技術で解析して、不動産の将来価値の予測を可視化する不動産評価モデル「Gate.」を開発し、不動産関連会社や金融機関等に提供している。

今回の資本業務提携により、リーウェイズの保有するAI技術等のテクノロジーを組み込むことで、不動産関連融資における顧客保護体制の強化、厳格な審査管理を通じた新たなビジネスモデルの構築などに取り組む。

今後「Gate. Investment Planner」「Gate. Market Survey」のさらなる事業拡大を図るべく、今回の調達資金は開発および人材採用に充当し、組織基盤の強化に取り組んでいく。