• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

M&A・事業承継専用AIシステムを展開するVANDDD株式会社、一般財団法人 日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)と業務提携

  • 0
  • feedy

M&Aや事業承継の株式価値算定に特化した人工知能エンジンを開発、運営するVANDDD株式会社(読み:バンド)(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿部 諒馬)は、自社サービスである[M&Aディールメーカー]を、M&Aを行う事業社会員数で約150社を超える企業が所属する一般財団法人 日本M&Aアドバイザー協会(本社:東京都台東区、代表理事 大原 達朗)を通して販売を行う代理店契約を含めた包括提携を締結した。

提携の目的

現在、日本の最も大きな課題の1つである事業承継問題(10年以内に127万社の廃業)は、
「日本にM&Aを行えるアドバイザーの少なさ][M&A成約までの時間(平均:1件あたり半年~1年)]など、専門家の少なさ(M&A業務の難解)と成約時間が大きな問題の1つとなっている。
今回の提携により、M&A作業を自動化・効率化するサービスであるVANDDD社の人工知能エンジン【M&Aディールメーカー】を周知し、日本M&Aアドバイザー協会による専門家の育成・教育を行うことで、極めて参入難易度の高いM&A市場へ事業者の流入を促し、日本の事業承継問題の解決を目指す。

提携内容

今後加速する事業承継・M&A市場に参入する税理士・コンサル業者・事業者に向け、日本M&Aアドバイザー協会と連携してシステムの導入やシステム内にM&A教育ツールの導入、実務的なアドバイザーの教育・支援を行い、1人でも多くのM&Aアドバイザーを輩出し、日本の事業承継問題を解決へと導くと言う。