• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

東大発のAI企業である株式会社日本データサイエンス研究所は学校法人駿河台学園と株式会社トーハン等から第三者割当増資を実施

  • 1
  • feedy

日本をアップグレードすることを使命とした東大発のAI企業である株式会社日本データサイエンス研究所(以下「JDSC」)は、駿台予備学校を運営する学校法人駿河台学園(以下グループ法人を総称して「駿台」)と株式会社トーハン等を引受先とする第三者割当増資により、約1.4億円の資金調達を実施致した。これにより創業1年での当社の累計資金調達額は、約4.4億円となる。

今回の増資について

JDSCにとって今回の増資は、単なる資本拡充ではなく、取引先である2社からのJDSCへの期待と激励であると受け止めている。JDSCでは「日本をアップグレードする」という使命を掲げており、日本の産業の生産性を、データ活用が可能にになった「データ時代」に当然の水準まで引き上げるということを、日々、業務を通じて行っている。この活動への理解、ならびにご支援いただいたこととして、今後もデータ時代に見合った顧客利益を創出し、事業をより一層加速していくと言う。