• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

株式会社空色が総額約6.5億円の資金調達を実施

  • 2
  • feedy

WEB接客ソリューション「OK SKY」、AIチャットBOTソリューション「WhatYa」を提供する株式会社空色(東京都品川区、代表取締役社長 中嶋 洋巳、以下「空色」)はこのたび既存株主に加え、新たにWiL, LLC、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ、S5(エスファイブ)1号投資事業有限責任組合、みずほキャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社を引受先とした第三者割当増資により総額約6.5億円の資金調達を決定した。
これにより、累積資金調達額は約10億円となり、今後は人材採用および事業投資を強化することで、2020年度末をめどに累計導入企業数500社を目指していくと言う。

■市場概況とこれまでの取り組み
高まるEC化の影響を受け、小売業界を中心にデジタル体験を中心に置いた顧客接点の再設計が求められている。製品のコモディティ化が進む中で、継続的な企業競争力の源泉が徐々に製品から顧客体験に移行するなど、接客が持つ重要度は年々高まっている。

しかし国内では労働人口の減少に伴い、企業が理想とする顧客体験の実現に必要な接客人員が慢性的に不足している。さらに訪日外国人の増加により、都市部を中心にリアル店舗での多言語対応が必要となり、接客人員不足が加速度的に広がることが予想される。このような市場の変化を受けて、企業は顧客といかに長期的な関係を築くかが経営課題となっている。

こういった背景や課題を踏まえ、空色は2013年の設立以来、小売業界を中心に新しい顧客体験の実現を目指し、AIと人を組み合わせたソリューションの開発を通じて、これまでリアル店舗で実現されてきた接客体験をデジタル上においても再現してきた。

実際に店舗で販売経験を積み重ねてきた熟練のスタッフによるチャットセンターを国内で先駆けて開設し、従来のコールセンターと同様にカスタマーサポートの範囲に限らず、積極的な商品・サービス提案を通じて店舗と同様の販売体験をデジタル上で実現し、さらに蓄積された会話ログデータを活用したAIサービスの進化にも注力している。
サービス開始以降、導入企業及びサイト数は順調に増加し、各導入サイトでの累計接客人数は50万人を超え、売上においてもサービス提供開始以降5年連続で200%以上の成長を継続し、今年度はさらに高い成長を目指している。

■調達の目的と今後の展開
今回調達した資金を活用し、1)蓄積した会話データを活用し、購買促進を目的とした会話標準化モデルの実現、2)顧客接点拡大に伴うWEB接客ソリューションの発展と開発体制の構築、3)新たな事業領域への参入及び海外事業展開を目的としたマーケティング費用、4)事業拡大に伴う全職種における採用活動の強化、など積極的な投資を進め、これまで以上に圧倒的なスピードで事業を拡大させていく。

今後普及が見込まれる、好きな時に好きな場所で好きな方法で情報を取得し、製品やサービスに対する意思決定が行われる世の中に対して、接客を通じた顧客の意思決定支援において圧倒的なNO.1カンパニーを目指していくと言う。

■今回の新たな株主
WiL, LLC
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
S5(エスファイブ)1号投資事業有限責任組合
みずほキャピタル株式会社
三菱UFJキャピタル株式会社