1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. AI・人工知能
  4. オプティマインド、トヨタなどから総額約10億1,300万円のシリーズA資金調達を実施

オプティマインド、トヨタなどから総額約10億1,300万円のシリーズA資金調達を実施

  • feedy

株式会社オプティマインド(愛知県名古屋市、代表取締役社長:松下 健、以下「オプティマインド」)は、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男)をリードインベスターとして、株式会社MTG Ventures(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:藤田 豪)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠)設立の「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者:グローバル・ブレイン株式会社)、他1社を引き受け先とする第三者割当増資を行い、総額約10億1,300万円の資金調達を実施した。

◼︎資金調達の背景と目的

オプティマインドは2018年9月にラストワンマイルのルート最適化を目的とした「Loogia(ルージア)」をローンチして以来、ラストワンマイルの配送事業者が直面する深刻なドライバー不足や労働環境の改善、および配送業務の効率化を促進し、ルート最適化AIを活用した配送業務の持続可能性の実現に取り組んできた。

この度の資金調達では、本ラウンドの引受先と個別に取引強化を進めていく。トヨタ自動車株式会社とは、同社が構築するモビリティサービス向けの様々な機能の提供を目指したオープンプラットフォーム、MSPF(モビリティサービス・プラットフォーム)に、オプティマインドのルート最適化で培った知見で貢献し、両社が描くモビリティ社会を実現するため共同開発を実施。また、株式会社MTG Venturesとは、経営や事業推進に関する知見、人的ネットワークを用いた支援により、オプティマインドの企業価値向上と経営体制の強化を図る。また、KDDI株式会社とは、IoT/AIを活用した「需要予測×ルート最適化」による配送ソリューションの共同開発を進める予定。

この度調達する資金は、プロダクト開発体制の強化、人材の獲得・育成、マーケティング施策の拡充に充て、顧客の成功体験の実現および事業の成長スピードの加速を目指す。また、Loogiaを通して配送業界が抱える課題解決を目指し、日本のみならず世界のラストワンマイルのルート最適化のインフラ構築を実現します。さらに、これまでに培ったルート最適化の知見を活用し、MaaS領域への参画を進める。

オプティマインドはコア技術であるラストワンマイルのルート最適化アルゴリズムを研究し、現場に触れ、投資をすることで、ラストワンマイル現場に新しい価値をもたらし続ける世界のリーディングカンパニーへと成長していくと言う。