1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. AI・人工知能
  4. Hameeは住信SBIネット銀行とのEC事業者向けオンライン融資等の検討に向けた基本合意書締結

Hameeは住信SBIネット銀行とのEC事業者向けオンライン融資等の検討に向けた基本合意書締結

  • feedy

Hamee(ハミィ)株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:樋口 敦士、東証一部:証券コード 3134、以下、Hamee)と住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:円山 法昭、以下、住信SBIネット銀行)は、2019年10月29日付で、EC事業者向けオンライン融資等の検討に係る基本合意書(以下、基本合意)を締結した。

1.基本合意に至った経緯と目的

Hameeは「クリエイティブ魂に火をつける」をビジョンに掲げ、提供するプロダクトとサービスを通して「顧客体験価値の最大化」を目指している。プラットフォーム事業においては、クラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」に蓄積したデータ基盤を活用し新規事業、新規市場への拡張を進めている。

一方、住信SBIネット銀行は、預金総額5兆円、口座数360万口座を擁する日本有数のインターネット専業銀行である。近年では「NEOBANK®」事業戦略を推進するほか、フィンテック企業との業務提携やAIなどの先進技術の導入を積極的に取組んでおり、最先端のIT基盤を活用した、より利便性の高い次世代金融サービスを創出している。

今般、住信SBIネット銀行からのNEOBANK®に関する提案に基づいて検討を重ねた結果、それぞれが有する経営資源やノウハウの活用により、両社の企業価値および社会の利便性向上に繋がる新たなフィンテック事業の創出を期待して、EC事業者向けオンライン融資等の検討に係る基本合意に至った。

2.基本合意の内容

基本合意において、Hameeと住信SBIネット銀行は、Hameeが提供する「ネクストエンジン」の受注・在庫等の情報と、住信SBIネット銀行の有するAIテクノロジーや与信ノウハウを用いることにより、利用者の資金調達等の財務活動に関して、新たな顧客体験を提供するサービスの創出を行い、利用者がより生産性の高い業務に集中できるような世界の実現を目指すことに合意している。

基本合意の内容に基づき、EC事業者向けオンライン融資サービスの展開に向け、10月29日よりフィジビリティ調査を開始すると言う。