1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. AI・人工知能
  4. Deep Percept、AI活用プラットフォーム”Deep Percept for AI-Ready”の提供を開始

DeepPercept、AI活用プラットフォーム”DeepPerceptforAI-Ready”の提供を開始

  • feedy

シンプレクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)のグループ会社であるDeep Percept株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長:金子英樹、以下:Deep Percept)は、企業のシステム並びにデータ環境をAI-Ready(AIを活用できる状態)にするためのプラットフォーム “Deep Percept for AI-Ready” の提供を開始した。
本ソリューションにより、データ収集~AIモデル生成~実運用まで、AI活用を一気通貫で支援すると言う。

■ソリューション概要

“Deep Percept for AI-Ready” は、AI活用に必要な「データギャザリング機能」、「データ基盤」、「データ加工機能」、「AI・機械学習モデル生成機能」、「学習基盤」、「AI・機械学習モデル評価機能」、「モデルマネジメント機能」を備えた、All in Oneプラットフォームである。

また、同ソリューションで生成したAI・機械学習モデルのみならず、弊社提供の他モデルや、クライアントが自社開発したモデル、更には他ベンダが生成したモデル等も”Deep Percept for AI-Ready” 上に搭載可能。