1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. AI・人工知能
  4. 帝国データバンクと企業業績予測AI提供のゼノデータ・ラボが業務提携

帝国データバンクと企業業績予測AI提供のゼノデータ・ラボが業務提携

  • feedy

株式会社帝国データバンク(本社:東京都港区、代表取締役社長:後藤 信夫、以下「帝国データバンク」)と経済ニュースや決算情報をAIで解析し、企業の業績への影響を予測するSaaSサービス「xenoBrain」(ゼノブレイン)を開発する株式会社xenodata lab.(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:関洋二郎、以下「ゼノデータ・ラボ」)はこの度、業務提携契約を締結し、帝国データバンクが作成する全国40万件以上の未上場企業調査報告書をxenoBrainに取り込んで解析し、xenoBrain上で未上場企業の将来業績の予測情報を提供するサービスの開発に着手すると発表した。

帝国データバンクは119年以上の長きにわたり日本企業の信用調査を行ってきた、日本最大手の信用調査会社である。全国83カ所に拠点を持ち、主に調査対象企業への直接取材を中心として180万社以上の信用調査報告書を作成し、日本企業の取引先管理・企業分析シーンを支えてきた。

ゼノデータ・ラボは、AIを利用したSaaSサービス「xenoBrain」(ゼノブレイン)を開発・提供する会社である。xenoBrainは、経済ニュースや決算情報に含まれる過去の経済事象の連関から企業の利益影響をAIが自動で分析し、業績予測を行うサービスである。特許取得済みの高度な自然言語処理技術がゼノデータ・ラボの強みであり、文章中から意味を把握し構造化データに落とすことで、経済ニュースの因果関係を可視化し、上場企業の決算短信や有価証券報告書の解析結果と組み合わせることで、経済にまつわる出来事があったとき、その前後にはどんな事象が発生し、上場企業の業績がどのように変化するかを予測している。

■提携の背景

取引先調査、融資、M&Aその他様々な企業分析シーンにおいて、未上場企業についてはほとんど開示義務が無いためアクセスできる公開情報が非常に少なく、帝国データバンクなどの信用調査会社によるレポートが未上場企業分析における主要な手段として用いられている。

ゼノデータ・ラボは、創業期から全ての資金調達のラウンドで帝国データバンクの出資を受けており、両社は資本提携を通して信頼関係を深めてきた。今回の業務提携により、帝国データバンクの40万社以上の豊富で信頼性の高い未上場企業調査報告書を、ゼノデータ・ラボの高度な自然言語処理技術で解析し、ゼノブレイン上の既存の解析結果と組み合わせる事で、国内初となる、経済ニュースによる未上場企業の業績予測サービスを来春提供開始予定。また、ゼノデータ・ラボが解析した未上場企業の将来予測情報を帝国データバンクのサービス上でも提供する予定だと言う。

■業務提携の概要

1.ゼノブレイン上での解析結果データ提供

今までゼノブレイン上で提供する予測データは上場企業約3,800社のみだったが、今回の業務提携により提供を受ける未上場企業調査報告書のデータを自然言語処理解析し、ゼノブレイン上で40万社以上の未上場企業の将来予測情報を提供予定。

2.APIなどでの解析結果データ提供

主に銀行など金融機関に対し、APIなどの方法でデータ連携していく予定。これにより、顧客が持つシステムでゼノデータ・ラボの分析結果を利用する事が可能になる。

3.帝国データバンクサービス上での解析結果提供

帝国データバンクの提供する各種サービス上で、経済ニュースによる未上場企業の将来予測情報を提供することを検討する。

■ゼノデータ・ラボの将来予測サービス「xenoBrain」概要

AIが経済ニュースや決算情報を自然言語処理技術で解析し、経済事象と経済事象の間の関連性を読み解く事で経済・企業の将来予測をリアルタイムで提供するSaaS型AIサービス。今日起きたニュースから、次に起こる経済事象、将来的に影響を受ける企業をAIが瞬時に予測することで、金融機関の業務効率化、事業会社の経営意思決定のサポートを実現する。
・提供開始(正式版):2019年6月
・URL; https://xenobrain.xenodata-lab.com/