1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. AI・人工知能
  4. ビザスク、AIにより最適なマッチングを実現

ビザスク、AIにより最適なマッチングを実現

  • feedy

株式会社ビザスク(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:端羽 英子)は、この度AIを活用したマッチング機能を新たに開発、リリースしたと発表。

同社は「約100,000名の個人のビジネス知見」と「経営課題や調査ニーズを持つ企業・個人」を1時間の”スポットコンサル”でマッチングする、日本最大級のナレッジシェアプラットフォーム「ビザスク」を運営している。

2013年のサービス開始以降、累計マッチング案件数は約40,000件に上る。同社のデータベースには、アドバイザーによる登録情報(知見の内容やそれを裏付ける仕事経験)に加え、マッチングの過程で得られる多くの不可視データが蓄積されている。

【AIの導入により実現できること】

今般、フルサポートサービス「ビザスク」にAIを導入することにより、クライアント企業からのご依頼に対して、過去の同種のマッチング情報を解析し、ご依頼案件での活躍が期待されるアドバイザーを即座に絞り込むことが可能となった。同社では、この機能の活用を進めていき、クライアント企業のニーズに、より的確かつスピーディーに対応したスポットコンサルサービスを提供する。

◎フルサポートサービス「ビザスク」概要:https://visasq.co.jp/service/interview

同社は今後も最先端の技術を活用したマッチングオペレーションで、クライアント企業のイノベーション創出に貢献していくと言う。