1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. カンボジアでAIによる信用スコア・マイクロファイナンス事業をするデジクロ、シリーズAにて120万ドルの資金調達を実施

カンボジアでAIによる信用スコア・マイクロファイナンス事業をするデジクロ、シリーズAにて120万ドルの資金調達を実施

  • feedy

デジクロ株式会社 (本社:シンガポール、CEO: 永野雄太、以下デジクロ)は、この度個人投資家と既存株主を引受先とする第三者割当増資、および借入による合計120万ドルの資金調達を実施したことを発表した。

デジクロはカンボジアでAIによる信用スコア算出、および小口融資を提供するアプリ「Spean Loan(スピアンローン)」を展開するスタートアップである。

カンボジアでは所得や住居証明、担保や保証といった信用情報を持たないことが原因で、融資を得ることができない層が人口の約半分を占める。その非銀行利用者層に向けにアプリを提供、ユーザーはアプリ上で簡単な質問に答えた後、スマートフォンにある情報のアクセスを許可し、同社は獲得したデータを機械学習によって解析・クレジットスコア化。書類・担保・来店は不要、融資の申請は2分、審査は1秒で完了する。融資金額は50ドルから最大1,000ドルで、審査に通った際はモバイルマネーの口座に自動で送金される。

2019年3月にサービス開始し、35万ダウンロードを記録、累計融資は150万ドルを突破、急成長を続けながらも返済率は90%以上を保っている。またカンボジア全25州の顧客に利用されているそうだ(2020年1月現在)。

デジクロは本ラウンドを含め合計230万ドルの資金調達を実施。調達した資金は貸付原資、およびオペレーションに使用される。

また今年からミャンマーでマイクロファイナンス機関向けに同信用スコアサービスとアプリを提供する、SaaS事業を開始予定。
今後もデータを活用した金融サービスを展開し、カンボジアをはじめとしたアジアで金融包摂に貢献すると言う。

(※マイクロファイナンスとは、主に途上国で見られる、貧困削減を目的とした小口融資の総称)