1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. アプリプラットフォーム「Yappli」提供のヤプリ、総額約30億円の資金調達を実施

アプリプラットフォーム「Yappli」提供のヤプリ、総額約30億円の資金調達を実施

  • feedy

アプリプラットフォーム「Yappli」を提供する株式会社ヤプリ(本社:東京都港区、代表取締役:庵原保文)は、資産運用大手フィデリティ系のEight Roads Ventures Japan(旧称:Fidelity Growth Partners Japan)をリード投資家とし、SMBCベンチャーキャピタル、既存株主(株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ、YJキャピタル株式会社 )を引受先とした第三者割当増資と、みずほ銀行、りそな銀行、日本政策金融公庫からのデットファイナンスを合わせ、最大で約30億円の資金調達が決定したことを発表した。

Yappliは、モバイルテクノロジーで企業の課題解決を行うクラウド型のアプリ開発プラットフォームである。

2013年のサービス開始以来、プログラミング不要でスマートフォンアプリの開発・運用を可能にする技術を提供している。

今回調達した資金は、主にプラットフォームの拡大に必要なプロダクト開発と人材の採用、マーケティング活動への投資に活用し、実績が豊富な店舗・Eコマースのマーケティング支援領域では、機能開発と並行した広告活動への投資で顧客基盤のさらなる拡大に注力する。

今後も企業の様々なビジネス課題を解決するアプリプラットフォームの実現のために、開発・投資を進めていく。