1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. キーテクノロジースタートアップのビットキー、森トラストなどから総額約7.4億円の資金調達を実施

キーテクノロジースタートアップのビットキー、森トラストなどから総額約7.4億円の資金調達を実施

  • feedy

キーテクノロジースタートアップの株式会社ビットキー(所在地:東京都中央区、代表取締役:江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則)は、森トラスト株式会社(所在地:東京都港区、社長:伊達美和子)及び、複数の事業会社経営者、エンジェル投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額約7.4億円の資金調達を実施し、累計調達額が約10.8億円に到達したことを発表した。

ビットキーは、独自のID管理/認証と権利の移転取引管理、権利利用用の電子実行鍵を生成/管理するためのプラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォーム)」を独自に開発したキーテクノロジースタートアップである。

当初は、高い改ざん耐性と非中央集権という特徴を有しているブロックチェーンから着想を得て開発を進めていた。しかし、これらの利点を生かしたまま、より最適な自律分散システムとして、自社独自の技術開発を行い実現したプラットフォームである。

今回の資金調達により、市場からのさらなる引合いに応えるための量産・供給体制を拡充する。また、営業人員体制及びカスタマーサクセス人員体制も強化し、2019年中に流通合計数20万台以上を目指し、マンション・集合住宅のオートロック対応の新製品やbitlockの上位モデル、その他周辺製品の今夏からの順次発売に備えていく。