1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. アドフラウド対策ツール「SpiderAF」を提供するPhybbit、三菱UFJキャピタルらから約3.2億円、シリーズA資金調達を実施

アドフラウド対策ツール「SpiderAF」を提供するPhybbit、三菱UFJキャピタルらから約3.2億円、シリーズA資金調達を実施

  • feedy

アドフラウド対策ツール「SpiderAF」を提供する株式会社Phybbit(東京都港区、代表取締役社長:大月 聡子、以下Phybbit)は、三菱UFJキャピタル、日本ベンチャーキャピタル(NVCC)、アコード・ベンチャーズ、Darwin Venturesの4社と個人投資家で元マイクロソフトの中島聡氏を引受先とした総額3.2億円の第三者割当増資をシリーズAラウンドにて実施したことを発表。今後は新規顧客獲得獲得のためマーケティングと採用を強化し事業拡大を目指すと言う。

「SpiderAF」について

「SpiderAF」は、誰でも簡単にアドフラウド対策を行えるよう、自動化・非属人化に特化した、AI搭載アドフラウド対策ツールである。アドネットワーク事業者様をはじめ、代理店様、広告主様まで広くご利用頂けるツールを目指す。2018年12月には日本初の複数事業者でブラックリストを共有する「SHARED BLACKLIST (シェアードブラックリスト、以下SBL)」の提供を開始した。SBLとは、自社またはサービスにおいて収集したアドフラウドの情報を共有することに賛同をいただいた事業者のみが共有できるブラックリストで、各社が一丸となって広告業界の健全化を目指す新たなアドフラウド対策である。(SpiderAF:https://spideraf.com

資金調達の背景・目的

アドフラウド(広告詐欺)とは、不正な手法によって広告のインプレッションやクリック、コンバージョンを水増しして、広告報酬を詐取する不正行為のことである。その手口は年々高度化、巧妙化しており日本でも認知度は上がり社会問題になっている。2019年1月から6月の半年間で14.2億円規模の被害総額(SpiderAFでの検知額)となっており、デジタルメディアへの投資が増加しているのと並行しアドフラウドの被害も深刻化している。

インターネット広告業界全体で取り組むべき急務の課題であり、より精度の高いアドフラウド対策ツールの開発を行い多くの広告主様に提供し市場の発展に貢献すべく、シリーズAの資金調達を実施した。今回調達した資金は主に以下の用途に充てていくと言う。 (採用ページ:https://spideraf.com/careers

  • マーケティング、プロモーションを強化し認知の拡大
  • 国内、グローバル展開に向けたセールスとマーケティングの人員体制の強化