1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. AI応用技術メディア「アイブン」運営の株式会社Parks、シードラウンドの資金調達を完了

AI応用技術メディア「アイブン」運営の株式会社Parks、シードラウンドの資金調達を完了

  • feedy

株式会社Parks(本社:東京都、代表:水谷 健 以下同社)は独立系ベンチャーキャピタル2社を引受先とする第三者割当増資および新株予約権発行での増資を実施したと発表した。

AI応用技術メディア「アイブン」を運営する同社は、ベンチャーキャピタル2社を引受先とする増資を実施し、総額2,500万円の資金調達を完了した。同サービスはAIエンジニアやデータサイエンティストをはじめとした専門家人材や学生、およびAI導入検討中企業のビジネスパーソンに多く利用されている。

同社は今回調達した資金を元に、メディア事業をさらに成長させメディアを基点としたAI技術プラットフォームとしての立ち位置を確立し、現場におけるAI活用に関わる根本的な問題を解決していくと言う。

『AI技術データベース』メディア「アイブン」について

開設からわずか5ヶ月で産業に使えるAI技術ナレッジを400件リリースしているAI専門メディアである。
制作陣は現場のAIエンジニアを始めとした専門家集団で、専門家ならではのR&Dおよびビジネスサイド両側の知見から出たコンテンツを掲載。研究成果を産業課題別に体系化した技術データベースを構築し、現場で使える先端技術の知織にフォーカスしているのは我々の最大のユニークネスだと言う。
またAWS社長らが参加する世界的サミット運営企業とのメディア連携を行い、海外発信の膨大な数の短信・ニュース・インタビューコラムから厳選したコンテンツを日本語で掲載。これらによりAIの産業応用におけるグローバルスタンダードにキャッチアップできる日本唯一のプラットフォームである。

https://aiboom.net