1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. ソーシャルECサービスの「temite」台湾でのサービスの提供を開始し越境ソーシャルECサービスへ、あわせて第三者割当増資による資金調達を実施

ソーシャルECサービスの「temite」台湾でのサービスの提供を開始し越境ソーシャルECサービスへ、あわせて第三者割当増資による資金調達を実施

  • feedy

ソーシャルECプラットフォーム「temite(テミテ)」を運営する株式会社EC-GAIN(本社:沖縄県那覇市、 代表取締役:村田薫)は ”仕入れリスク無し”で無料で誰でも簡単にオンラインセレクトショップが1分で作れるサービスを12月17日から台湾でも利用可能にしたと発表した。

これによりtemiteに登録するサプライヤーは無料で台湾越境ECも可能になり、台湾のアンバサダーは1分で日本の商品の越境オンラインセレクトショップ構築が可能になる。またこれにあわせて、沖縄振興開発金融公庫、GxPartnersを引受先とした第三者割当増資により資金調達を実施した。

沖縄発ソーシャルECサービス「temite(テミテ)」はこれまで、日本のサプライヤーの商品を日本のアンバサダーが1分でネットショップ販売が開始できるサービスを提供してきた。

今回のアップデートにより、台湾の個人も1分で販売開始ができる日本の商品の越境オンラインセレクトショップが構築が可能になる。

本機能の提供により、日本のサプライヤーに台湾のソーシャル越境ECのサービス展開を可能にし、越境ECにおいて大きな課題であったマーケティングを台湾のインフルエンサーやブロガー等の個人にSNS上で展開してもらえ、EC事業者の東アジアへのEC展開を強力にサポートすると言う。