1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. 猫の⽣活をテクノロジーで⾒守る『Catlog®(キャトログ)』を展開するRABO、iSGS・W ventures等より約1億円の資⾦調達を実施

猫の⽣活をテクノロジーで⾒守る『Catlog®(キャトログ)』を展開するRABO、iSGS・Wventures等より約1億円の資⾦調達を実施

  • feedy

株式会社RABO(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:伊豫 愉芸子 以下RABO)は、iSGS インベストメントワークスおよびW venturesのほか、特許業務法人iPLAB StartupsおよびShiftall代表の岩佐琢磨氏を引受先とする、約1億円の第三者割当増資を実施したと発表した。
なお、中畑氏は知財顧問として各種知的財産戦略の設計と実施、岩佐氏はハードウェア顧問としてCatlogをはじめRABOの展開するハードウェア開発へのアドバイスやグローバル展開などのサポートを受けると言う。

「猫の生活をテクノロジーで見守る」Catlog®

Catlogは、 飼い主の代わりに猫様を見守る”次世代の首輪”である。
愛する猫様の活動データを24時間記録し、 バイオロギング解析技術および機械学習を用いた処理により、実際の行動に分類してる。歩く・走るなどの運動や睡眠・休息、ごはんなどお留守番中の行動を外出先からスマホで見ることができ、大切な猫様と外出先でも一緒にいるような感覚だと言う。

ローンチ約4ヶ月でおよそ1,000UC(Unique Cat)に到達!「Catlogする」という文化に

2019年9月24日にローンチ・一般販売開始して以降(https://bit.ly/306hqQ5)、SNSやメディアを中心に大変多くの反響を受けている。SNS内で、「Catlog使ったほうがいい」とおすすめしていただいたり、”Catlogする”という文化が形成されつつあると言う。結果、ノンマーケティングのオーガニックのみで、約4ヶ月の計画出荷数を僅か1.5週間で達成した。

ご利用いただいている猫様も、すでにおよそ1,000UCに。
現在までiOSアプリのみの展開ではありますが、アプリアクセス率(※)は7日間で90%、30日で78%と驚異的に高く、「留守中の猫様の様子が気になる」という飼い主さんの気持ちの現れと、メンバー全員身の引き締まる思いで受け止めている。
※Pendantを登録したユーザーのうち、再度アプリにアクセスしたユーザーの割合