1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. 宿泊施設向けスマートオペレーションサービス『aiPass』を運営するCUICINはシードラウンドの資金調達を実施

宿泊施設向けスマートオペレーションサービス『aiPass』を運営するCUICINはシードラウンドの資金調達を実施

  • feedy

宿泊施設向けスマートオペレーション『aiPass』を運営するCUICIN株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:辻 慎太郎)は、株式会社DGベンチャーズ、インキュベイトファンドを割当先とする第三者割当増資を実施し、シードラウンドの資金調達を実施した。

クイッキン株式会社

​『デジタルトランスフォーメーションで旅行体験を変えていく』をミッションに掲げ、スマホひとつで旅を快適にするサービス「aiPass」を提供しているスタートアップである。

宿泊施設のスマートオペレーションサービス『aiPass』

https://aipass.jp/

宿泊から観光情報まで一連の体験をデジタル化し、スマートフォンひとつで旅行ができる世界を実現。

現在公開しているプレビュー版では、旅行者自身のスマートフォンでチェックインから、宿泊施設の案内情報を提供することで、施設の業務効率化を実現している。

今後、事業会社と共同で開発を進めるパートナープログラムを開始し、「施設周辺の観光案内/部屋割り/決済」など、本当に必要とされる機能の開発を予定。従来の紙などを使ったアナログな運用をデジタル化することで、宿泊施設はオペレーションを最適化し、業務を効率化できるだけでなく、より良い顧客体験を提供できるようになると言う。

資金調達の目的

現在、aiPassはプレビュー版としてサービスを提供している。今回の資金調達によってサービスの成長はもちろんのこと、正式な公開に向けたサービス開発やサポート、運用体制の強化を行う。

関連記事