1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. ルクサナバイオテクは、シリーズAラウンドで総額6.5億円の第三者割当増資を実施

ルクサナバイオテクは、シリーズAラウンドで総額6.5億円の第三者割当増資を実施

  • feedy

安全性と有効性の高い新規核酸医薬品を開発するルクサナバイオテク株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:佐藤 秀昭)は、シリーズAラウンドで総額6.5億円の第三者割当増資を実施した。

既存投資家である大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役:神保 敏明)に加え、新たに日産化学株式会社(本社:東京都中央区日本橋、取締役社長:木下 小次郎)、住商ファーマインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区一ツ橋、代表取締役社長:中村 健一)、みずほキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区内幸町、代表取締役社長:大町 祐輔)、池田泉州キャピタル株式会社(本社:大阪市北区茶屋町、代表取締役:平松 勝己)が株主に加わる。

また、2019年9月と11月に株式会社日本政策金融公庫から資本性ローン(制度名:「挑戦支援資本強化特例制度」)による融資を総額1.3億円(国民生活事業0.4億円、中小企業事業0.9億円)受けており、これらにより、製薬会社やアカデミアとの創薬共同開発の加速と、同社核酸医薬創薬基盤技術の強化を推進していくと言う。

引受先一覧(順不同)

  • 大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社
  • みずほキャピタル株式会社
  • 池田泉州キャピタル株式会社
  • 日産化学株式会社
  • 住商ファーマインターナショナル株式会社

関連記事