1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. 株式会社トランスはシードラウンドにて総額5,000万円の資金調達を実施

株式会社トランスはシードラウンドにて総額5,000万円の資金調達を実施

  • feedy

AI(機械学習)が採用候補者の入社後活躍・退職確率を予測する将来予測型ピープルアナリティクスサービス「TRANS.HR」を展開する株式会社トランス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:塚本 鋭)は、株式会社メルカリ 小泉 文明氏、株式会社キープレイヤーズ 高野 秀敏氏、株式会社クラウドワークス 吉田 浩一郎氏らを引受先とする第三者割当増資および融資により、累計約5,000万円の資金調達を完了した。
同社は今回の調達資金を元に正式版ローンチに向けて研究・開発を進めていくと言う。

資金調達の概要

資金調達額: 総額 約5,000万円
引受先:

サービス概要

「TRANS.HR」(トランスエイチアール)は、AI(機械学習)が採用候補者の入社後活躍・早期退職を予測するピープルアナリティクスサービスである。採用から退職までの HRデータを一元管理・分析できる基盤と、HR に特化した機械学習(AI)の予測アルゴリズム(特許申請中)を備えている。100 種類以上の適性検査データに対応するほか、未来予測に最適化された独自の「TRANS.適性診断」の提供もしている。
人材採用において、「勘」や「経験」だけに頼るのではなく、事実・データに基づき、実際の自社従業員と採用候補者を比較・分析することで、入社後活躍・早期退職を高い精度で予測することが可能。2019年6月の β 版公開から7ヵ月で、上場企業を中心に 120社以上に利用されている。

関連記事