1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. 「モノ」×「トークン」の日本暗号資産市場が村口和孝氏他4名の個人投資家から資金調達を実施

「モノ」×「トークン」の日本暗号資産市場が村口和孝氏他4名の個人投資家から資金調達を実施

  • feedy

日本暗号資産市場株式会社(東京都新宿区、代表取締役:岡部 典孝)は、2020年2月13日に村口氏と他4名の個人投資家および既存株主1社から資金調達を実施したことを発表した。同社として初めての資金調達となる。

日本暗号資産市場株式会社は2019年11月に創業し、2020年2月に東京都公安委員会より古物商許可を頂き、既に営業を開始している。

本ラウンドでは、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ代表でもある村口和孝氏、他4名の個人投資家及び1社の既存株主が資本参画した。弁護士等のアドバイザーからのエンジェルラウンドとなる。

このたびの調達資金によって、同社の事業成長につなげるべく、人員強化や、古物商としての営業、古物市場開催の準備を加速すると言う。

また、スタートアップが社会課題を解決することを積極的に支援することで、結果的に全ての鶏・卵問題を解決することを目指し、発信にも力を入れ、更に事業を推進していく。

日本暗号資産市場株式会社について

日本暗号資産市場株式会社は2019年11月に創業、「全ての鶏・卵問題を解決する」をミッションに掲げ、事業をスタートした。
日本暗号資産市場株式会社は暗号資産とモノの取引市場を作ることで、スタートアップが社会課題を解決することを手伝い、結果的に全ての鶏・卵問題を解決することを目指している。

古物商や古物市場で自由に物の売買代金決済に使って差支えないことが2019年9月に警察庁の行政文書により明らかになった。

それに伴い2019年11月に創業、2020年2月に法人としての古物商許可が下り、古物商としての営業を開始。
日本暗号資産市場株式会社は様々なモノをプロの古物商が法定通貨と暗号資産の多通貨オークションにより競ることで、モノと暗号資産両方の価格決定と流動性向上に貢献できるよう尽力する。

今回の資金調達の目的

今回の資金調達により、事業の更なる加速の為の投資、人員の強化や採用に力を入れる。今後も日本暗号資産市場株式会社は、暗号資産とモノの取引市場を作ることで、スタートアップが社会課題を解決することを手伝い、結果的に全ての鶏・卵問題を解決できるよう、事業を展開していくと言う。

関連記事