• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

FinTech

貸付投資の「Funds」がシリーズBラウンドで約7億円の資金調達を実施

  • feedy

1円から貸付投資ができる「Funds(ファンズ)」を運営する株式会社クラウドポート(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田雄一郎、以下当社)はこのたび、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社、グローバル・ブレイン株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、SV-FINTECH Fundなどを引受先とした第三者割当増資により、合計6.3億円(7月31日契約完了分。本ラウンドでの調達予定総額:7億円)の資金調達を実施した。

資金調達の背景と目的

同社では、2019年1月にFundsをリリースして以来、およそ6ヶ月で投資家登録10,000名を突破、また、これまでに募集を行ったファンドは累計で7社10ファンドで、いずれも短時間で満額申込成立となっている。

2019年中に20社のファンド組成企業との提携を目指して審査等を進めているが、今回の調達資金では、高い審査基準を保ちつつ商品ラインナップの拡充を一層加速するため、コーポレート部門の体制強化、プロダクト開発体制の人員増強、および認知向上を目的としたマーケティング活動等を行っていく。
Fundsは、現在日本において個人投資家の選択肢が限られている、ミドルリスクミドルリターンかつ利回り予定型の投資機会を提供することにより、個人の資産形成を推進していきたいと考えている。

資金調達の観点からは、Post-IPO企業を中心とした上場企業への成長資金供給のスタンダードとなることを目指し、本ラウンドで新たに加わった株主との協業も視野に、事業拡大に邁進すると言う。