1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. FinTech・フィンテック
  4. ASIMOV ROBOTICS(アシモフ・ロボティクス)がマネーフォワード社と協業

ASIMOVROBOTICS(アシモフ・ロボティクス)がマネーフォワード社と協業

  • feedy

ASIMOV ROBOTICS株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:藤森恵子、以下「ASIMOV」)は株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「マネーフォワード社」)と協業し、マネーフォワード クラウドシリーズを更に効率的に使うためにパッケージ化した連携RPAロボットの販売において協業を開始すると発表した。

ASIMOVは人手不足で悩む税理士事務所が、「RPA研修」や「ロボット開発」といった手間をかけることなく導入できるサービスを提供するために、ロボットをパッケージ化、更に導入から運用管理までサポートする体制を整えた。また、ITが苦手な職員でも気軽に使える設計にこだわり、RPAを意識せずに動かすことが可能になっている。

ロボット化のアイディアは、税理士事務所から生まれたもので、開発はRPA専門のエンジニアが担当し、RPAツールは、堅牢性とセキュリティレベルで世界的リーダーカンパニーであるオートメーション・エニウェア社製とすることで、信頼性が必須である税理士事務所向けのクオリティを実現。

​*RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、ホワイトカラーの業務を自動化するソフトウェアで、昨今、人手不足の解決の打ち手として注目を集めている。

■協業の背景

RPA導入及び運用管理サービスを提供するASIMOVは、公認会計士による業務改善コンサルティングのノウハウや、グループ内の税理士法人ビジネスナビゲーション(以下「ビジネスナビゲーション」)による中堅・中小企業向け管理会計コンサルティングなどの実績を融合し、RPA導入に特有のプロセスである「業務の洗い出し」をスピーディーに実施することを得意としている。

一方、マネーフォワード社が提供するマネーフォワード クラウドシリーズは、多くの税理士事務所で、バックオフィス業務全般を効率化するツールとして活用されている。

今回の協業は、マネーフォワード クラウドシリーズをより便利に使っていただくことを目的に、マネーフォワード クラウド会計の導入実績が東日本No. 1であるビジネスナビゲーション(2019年9月末時点)において、RPAにより自動化されている業務をパッケージロボット化して販売し、マネーフォワード クラウドシリーズの既存のユーザーや、現在導入を検討中の事務所に対し、RPAによる更なる効率化を推進することを目指したものだと言う。