• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

FinTech

BtoB掛売り決済「Paid」と西武信用金庫がビジネスマッチング契約を締結

  • feedy

株式会社ラクーンフィナンシャル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:秋山 祐二)が提供するBtoB掛売り決済サービス「Paid(ペイド)」は、西武信用金庫(本店:東京都中野区、理事長:髙橋一朗)とビジネスマッチング契約を締結した。

概要

西武信用金庫は、東京都・埼玉県・神奈川県の一部地域に展開する信用金庫である。中小企業が抱える個々の課題を解決していく事業支援活動を通じて、実効性のある「お客さま支援センター」の実現を目指し、地域密着型金融に積極的に取り組んでいる。

Paidは企業間取引における掛売り決済で発生する請求業務を全て代行し、未入金が発生した際も100%代金を支払うフィンテックサービスである。決済手段としてPaidを導入することで、「取引機会の損失がなくなる」「請求や回収など決済業務が効率化され、本来の業務に集中できる」など、決済業務の手間を解消して売上拡大への注力が可能になる。

西武信用金庫とはこれまでに、ラクーングループの他事業(売掛保証サービス「T&G売掛保証」「URIHO」、卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」)も顧客紹介における業務提携を結んでいる。このたびの契約で、新たにPaidも提供できるようになった。

これにより、西武信用金庫は顧客に対して、業務効率化や売上拡大のための経営支援を手厚くすることが可能となる。一方で、Paidにとっては多くの企業に知ってもらう機会が増え、利用企業の増加につながると見込まれている。

今後もPaidを紹介いただける販売パートナーを増やし、あらゆる企業が事業成長に注力できる社会を実現していくと言う。