1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. FinTech・フィンテック
  4. 五常・アンド・カンパニー、インドFintech企業のLoan Frame社へ総額約11億円を出資へ

五常・アンド・カンパニー、インドFintech企業のLoanFrame社へ総額約11億円を出資へ

  • feedy

五常・アンド・カンパニー株式会社(代表取締役:慎泰俊、本社:東京都渋谷区)は、2019年11月末にインドでSupply Chain Finance Platformを運営するLoan Frame Technologies Pte. Ltd.(Founder & CEO: Shailesh Jacob、事業拠点本社:インド・ニューデリー)との間で10百万ドルの投資契約に合意したと発表した。

Loan Frame社は本ラウンドの資金調達によりさらなる顧客基盤の拡大や独自の情報処理技術の強化に取り組む。五常はLoan Frame社の事業成長を株主として支援しながら、自社のテクノロジーチームの拡充や既存グループ会社とのシナジーの創出に取り組むと言う。

新興国の中小零細企業が抱える課題について

インドのみならず新興国では、MSME (Micro, Small and Medium Enterprises)向けの資金需要に対する供給のギャップが大きく、その金額は550兆円以上*と推測されている。中小零細企業向けの融資は銀行には小さく、主に個人事業主向けの融資を行うマイクロファイナンス機関にとっては大きすぎることから貸し手が不足している課題が存在する。この課題は金融包摂に取り組む業界では”Missing Middle”と呼ばれ、中小零細企業の成長を阻害する要因の一つになっている。

​*市場規模の推測データは世界銀行のウェブサイトを参照 (https://www.worldbank.org/en/topic/smefinance)

Loan Frame社について

Loan Frame社はデータ解析の自動化を含む最先端のテクノロジーを駆使し、中小零細企業の資金繰り問題の解決を目指して2016年5月に事業を開始した。独自に開発したアルゴリズムを用い、中小零細企業の与信審査を行う。与信情報はサプライヤーに通知され、サプライヤーは受領した与信情報に基づいて中小零細企業へ商品の発送を行う。Loan Frame社はプラットフォーマーとして金融機関への与信機能の提供によって得られる対価を売上として計上している。

Loan Frame社のこれまでの実績

これまで、インド国内の30の都市において2万件弱・約100百万米ドル相当の融資を仲介してきた。直近では、インド国内の金融セクターで最も権威のある表彰であるFinancial ExpressのFintech部門のIndia’s Best Banks Award2019を受賞している。*

*Loan Frame社のHPより引用