• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

飲食・農業

8

ファームノート、リアルテックファンドなどから資金調達を実施、累計調達額は17億円

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

酪農・畜産向けIoTソリューションを提供する株式会社ファームノートホールディングス(本社:北海道帯広市、代表取締役:小林 晋也)は、リアルテックファンド1号投資事業有限責任組合、リアルテックファンド2号投資事業有限責任組合、北海道成長企業応援投資事業有限責任組合、北洋SDGs推進投資事業有限責任組合、FFGベンチャー投資事業有限責任組合1号、みやぎん地方創生2号ファンド投資事業有限責任組合、かごしまバリューアップ投資事業有限責任組合、株式会社DGインキュベーション、株式会社D2 Garage、株式会社リバネス、小泉文明氏(株式会社メルカリ取締役社長兼COO)、長沼真太郎氏(株式会社BAKE創業者)、個人投資家の千葉功太郎氏他から、総額4億円の資金調達を実施したことを発表した。

ファームノートは、2014年からクラウド牛群管理システム「Farmnote」の拡販および機能強化に努めると共に、2017年から牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」を開発し、事業を展開してきた。

ファームノートは今回の資金調達により、酪農・畜産が特に盛んな北海道・九州エリアの地方銀行とのリレーションを強化することで、生産者の経営力強化に貢献し、さらにリアルテックファンド・リバネスの支援を受けて研究開発におけるノウハウを蓄積し、将来を見据えた獣医学分野での研究開発を強化し、酪農・畜産の生産性向上および競争力強化に貢献していく。

また、今回の資金調達を含めた累計資金調達額は、総額約17億円となる。

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy