• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

飲食・農業

インキュベイトファンド、スマート水田デバイス「paditch」開発の笑農和に出資

  • feedy

創業期に特化した独立系ベンチャーキャピタル「インキュベイトファンド(本社:東京都港区、代表パートナー:赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介)」が、スマート水田デバイス「paditch」開発・運営の株式会社笑農和(本社:富山県滑川市、代表取締役:下村豪徳)への出資を実施したことを発表した。

笑農和は、高齢化に伴う離農・担い手不足・耕作放棄地の増加・異常気象などの課題を解決するためにIT・IoT・AI・ロボット等のテクノロジーを活用し、富山発の次世代農業(スマート水田)を築きあげていく、アグリテックベンチャーである。

笑農和社の「paditch」は、米農家が一番負担に感じている作業である水管理を自動化するスマート水田サービスで、水位・水温センサーだけでなく、水門の遠隔操作にも対応することによって、水管理コストの大幅な軽減に加えて、水管理の地域最適化に取り組んでいる。

今回の資金調達により、従来のサービス「paditch gate02(ゲートゼロニー)」から 「gate02+(ゲートゼロニープラス)」へ機能追加を実施し、これに伴い、開発およびカスタマーサポート体制強化のため、事務所を移転し人材採用を積極的に進めていく。