1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 飲食・農業
  4. ファンデリー、味の素と共同で低たんぱく質餃子を開発

ファンデリー、味の素と共同で低たんぱく質餃子を開発

  • feedy

健康食宅配サービスの(株)ファンデリー(本社:東京都北区,代表取締役:阿部公祐)は、味の素冷凍食品(株)と共同開発した「ミールタイム焼餃子」を宅配サービス『ミールタイム』にて発売する事を発表した。

「ミールタイム焼餃子」は一個当たりのたんぱく質が約0.7gで作られており、通常の焼餃子と比較して、約39%カット。安心の国内生産で、具材のキャベツ、豚肉、鶏肉は国産品を使用。
袋のまま電子レンジで温めるだけで、腎疾患でたんぱく質の摂取制限がある方のおかずとして利用出来る。