1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 飲食・農業
  4. 楽天、「楽天リワード」を「ぐるなびアプリ」に提供開始

楽天、「楽天リワード」を「ぐるなびアプリ」に提供開始

  • feedy

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、アプリ向けサービス「楽天リワード」を、株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原 章郎、以下「ぐるなび」)のiOS版アプリ「ぐるなびアプリ」に、本日より提供開始した。

「楽天リワード」は、各アプリにおいて「楽天スーパーポイント」の獲得を可能とするアプリ向けサービスである。「ぐるなびアプリ」のユーザーは、「初めてアプリにログインする」、「店舗詳細ページを1日に1回見る」、「月に1回キャンペーン一覧画面を見る」など、あらかじめ設定された「ミッション」の条件を達成することで、「楽天スーパーポイント」を獲得できる。ぐるなびは、本サービスを活用することで、自社アプリの起動率や継続利用率などの向上を図ることが可能だという。

楽天とぐるなびは2018年7月に資本業務提携契約を締結し、同年10月には楽天IDとぐるなびが運営する飲食情報サイト「ぐるなび」の会員IDとの連携を開始。楽天は、様々なサービスを楽天IDとポイントプログラムで結び付け、独自の「楽天エコシステム(経済圏)」を構築しており、ぐるなびとの連携強化により、オフラインサービスである飲食店舗へのエコシステムのさらなる拡大を目指す。

楽天は今後も、ユーザーが気軽に「楽天スーパーポイント」を獲得することができる機会を提供し、お客様の満足度向上に努めていくと言う。