1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 飲食・農業
  4. 近くの飲食店を社食として利用できる【どこでも社食】が株式会社ワンダーテーブルが運営する「obica」と提携

近くの飲食店を社食として利用できる【どこでも社食】が株式会社ワンダーテーブルが運営する「obica」と提携

  • feedy

企業の福利厚生サービスとして「近くの飲食店を社食として使用出来る【どこでも社食】」を運営する株式会社シンシアージュ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:久木田敬志)は、株式会社ワンダーテーブル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:秋元巳智雄)が運営する「obica」と提携する事が決定した。

株式会社ワンダーテーブルは、国内48店舗、海外74店舗*1の飲食店を展開しており今後は「どこでも社食」と連携する事で企業で働く従業員の皆様に対して「社食」という切り口でもサービスの提供を実施。

Obicaでは、イタリアから空輸したDOP認定のフレッシュモッツァレラチーズを堪能できる。カンパーニャ地方の水牛ミルクを100%使用し、伝統的な製法で、職人が一つずつ引きちぎって形作った逸品。
現在のご利用可能店舗は、Obica Mozzarella Bar 六本木ヒルズ店となる。

*「どこでも社食」サービス概要
どこでも社食は「近くの飲食店を社食として使用出来る」企業向け福利厚生サービス。
従業員の健康的な食生活の実現や、社内コミュニケーション活性化、会食時の利用など多岐に渡る目的で活用可能である。