• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

インバウンド

ガイドと訪日旅行者をマッチングするプラットフォームWOW Uを運営するEXest社が、資金調達を実施

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

EXest株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:中林幸宏、以下「EXest」)は、観光立国に向けた国の施策に伴い、「ガイドの育成事業と訪日旅行者向けのマッチングプラットフォーム拡大に必要なプロダクトの開発」「マーケティング活動の加速」を進めるべく、新規6社、および既存株主を引き受け先とする第三者割当増資を実施した。今回の資金調達を通じて、EXestが提供するサービスのさらなる認知向上とサービスの拡大を強化していく。

今回の資金調達に関して

今回の資金調達は、協業が可能な企業を中心とし、単純な出資を目的としたものではなく、事業シナジーがあることを重要視して実行した。WOW Uはガイドと訪日旅行者をマッチングするプラットフォームとして様々な企業と事業連携を進めているが、資本業務提携を実施することで、より強固な関係を築くとともに、POC(Proof of Concept)の実施やテストマーケティングなどを、スピード感を持って実施。その結果をもとに他の地域への展開も目指している。

事業内容

EXestでは、訪日旅行客が「明日何をしようか」を検索でき、かつ日本が好きで日本をよく知るガイドとマッチングすることができるプラットフォーム「WOW U( https://www.wowu.jp/ )」を運営。また、ガイドを育成する「WOW U-education」、地方の魅力と日本の文化発信をする「人」の魅力を深掘りして伝えるメディア「WOW U-media( https://wow-u.jp/media/ )」を運営している。

2016年6月には、観光のhub(ハブ)となり、観光地の魅力を伝えるとともに、自らもコンテンツとなりコミュニティを作る人材「WOW U-mediator(ワオユー メディエーター ※商標登録出願中)」( https://www.wowu.jp/wowu-mediator )の募集・育成を開始した。

今後は、まだ知られていない日本の魅力を海外へ発信するとともに、高まる需要に対応できるガイド産業と、人こそ観光資源との認識のもと新しい観光スタイルの確立を進める計画だと言う。