• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

インバウンド

Trip.comグループ、TripAdvisorとの戦略的提携

  • feedy

アメリカの現地時間2019年11月6日、Trip.com Group Limited(ナスダック銘柄コード:TCOM)(以前はCtrip.com International Ltd.(元ナスダック銘柄コード:CTRP))とTripAdvisor,Inc(ナスダック銘柄コードTRIP)(以下「TripAdvisor」という)は、戦略的パートナシップ締結とグローバルな提携の拡大を発表した。提携内容には合弁会社の設立、およびグローバルコンテンツとコーポーレート・ガバナンスについての協定締結が盛り込まれている。

Trip.comグループ の子会社であるCtrip Investment Holding Ltd.とTripAdvisorの子会社であるTripAdvisor Singapore Private Limitedとは、新しい合弁会社を設立した。Trip.comグループはこの新しい合弁会社の大株主として、出資し、マーケティングに関するノウハウを提供する。一方、TripAdvisor側は合弁会社の40%の株を所有し、合弁会社の中国における展開に長期的な独自のブランドの権限提供、コンテンツへのアクセス及びその他のサービスを提供する。両社はこの合弁会社の事業において観光商品を共有することについて合意し、TripAdvisor中国としてグローバルな展開を行う。

Trip.comグループはまたTripAdvisorとグローバルコンテンツについても協定を締結した。TripAdvisorは、Trip.comグループ が持つTrip.com、Ctrip、Skyscanner、Qunar というブランドに対して、自らのコンテンツを提供する。

さらに、Trip.comグループはTripAdvisorとコーポーレート・ガバナンス協定も締結した。この協定では、Trip.comグループはTripAdvisorの取締役一名の指名権を有する。ただし、Trip.comグループは、この指名には、証券取引所の監督部門の審査・批准を経る必要がある。そして、審査に通るまでの一年間以内に公開市場において695万の株を購入するか、または最多3億1760万ドルに相当するTripAdvisorの株を購入しなければならない。TripAdvisor及びそのホールディングス株主であるLiberty TripAdvisor Holdings, Inc.(”LTRP”)がそれぞれTrip.comグループにクラスBの潜在的な取引情報へのアクセス権を付与する。

この度の戦略的提携により、Trip.comグループの観光業界における予約業務の優位性、中国の観光市場への深い理解と、TripAdvisorのブランド力、豊かなグローバルユーザーのオリジナルなコンテンツ、ユーザーを引きつけるデータベース、世界トップクラスの目的地に関する商品在庫といった資源を集約することができ、Trip.comグループがよりハイクオリティなサービスを実現することで、グローバル展開の強化という新しいビジョンにさらに一歩近づいたことを表している。同時にグローバルな観光業におけるTripAdvisorのリーダーとして地位を固めることになる。