• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

インバウンド

楽天LIFULL STAYとHomeAway、民泊事業における業務提携に基づくインバウンド強化策を開始

  • feedy

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田 宗克、以下「楽天LIFULL STAY」)と世界最大級のバケーションレンタルサイトHomeAway (ホームアウェイ)(本社:米国テキサス州オースティン、以下「HomeAway」)は、民泊事業における業務提携に基づくインバウンド強化策を本日11月14日より開始した。

具体的なインバウンド強化策としては、楽天LIFULL STAYが運営する日本最大級の宿泊・民泊予約サイト「Vacation STAY」に掲載されている国内宿泊施設がHomeAwayに供給されるようにすることで、日本国内のバケーションレンタル施設(民泊施設や簡易宿所等)をHomeAway上で予約できるようにする。

さらに、HomeAwayはグローバルでの集客力を生かした訪日旅行者へのマーケティングを行い、インバウンドの需要拡大につなげると言う。在庫の獲得から集客、販売まで両社が協力して行うことで、物件オーナーや訪日旅行客に魅力的なサービスの提供を実現。

昨今、日本政府の観光立国に向けた様々な施策の後押しもあり、訪日旅行者によるインバウンド需要が高まっている。訪日旅行者からの多様な宿泊施設供給へのニーズが高まる中、両社は今後、民泊サービスの提供を通じて、訪日旅行者の宿泊施設の選択肢を広げるとともに、地方都市を含めた日本の様々な地域に対する認知拡大と送客強化を目指す。それぞれのネットワークを最大限に生かした多様な宿泊ニーズに応えるサービスを提供することで、インバウンド事業のさらなる拡大と観光立国の推進に貢献していくと言う。