• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

インバウンド

「レジデンストーキョー」、双日株式会社のCVCを引受先とした第三者割当増資を実施

  • feedy

東京都内で約700室のマンスリーマンションを運営し、全国約7,500室のマンスリーマンション事業者と提携している株式会社レジデンストーキョー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:野坂 幸司、以下「レジデンストーキョー」)は、このたび、双日株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:藤本 昌義、以下「双日」)のCVCを通じた第三者割当増資を実施した。

■グローバルスタンダードな賃貸住宅事業を展開してきた「レジデンストーキョー」

世界の快適なサービスアパートメント文化を日本に普及させることをミッションに、2015年に創業したのがレジデンストーキョーである。従来型のマンスリーマンションの機能に、マルチリンガル対応やバーチャルコンシェルジュなどの、充実したホスピタリティを付加したサービスを提供してきた。主に海外からの中長期滞在者向けに家具付き賃貸住宅を都内約700室で展開、全国約7,500室のネットワークを構築している。
また、運営事業の知見を活かして、不動産開発並びに子会社を通じて建設事業も展開している。

■双日との今後の取組

今回の出資とともに、レジデンストーキョーは双日株式会社グループと事業面でも協働していくことに合意をしている。今後は双日株式会社、双日新都市開発株式会社等、双日グループ各社と連携して、不動産運用・管理、賃貸マンションの開発・建設事業、不動産小口化事業、民泊事業等の事業においてシナジー効果を追求していくと言う。