1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. IOT・ロボット
  4. フォトシンス、三井不動産らと受付無人化の実証実験開始

フォトシンス、三井不動産らと受付無人化の実証実験開始

  • feedy

スマートフォンを活用してドアの開錠・施錠をするサービスを行うIoT企業の(株)フォトシンス(本社:品川区、代表取締役社長:河瀬航大)は、三井不動産(株)(本社:中央区、代表取締役社長:菰田 正信氏)と、日本ユニシス(株)(本社:江東区、代表取締役社長:黒川茂氏)と共同で、(株)フォトシンスが開発したスマートロックロボットを活用した受付の無人化やスムーズな課金が可能なワーキングスペース実現のための実証実験を実施すると発表した。
フォトシンスが開発・提供するスマートロックロボットの名称は「Akerun」

工事不要で製品を既存のドアの内側のサムターンの上にとりつけ、スマートフォンにダウンロードしたアプリによってドアの開錠・施錠をすることができる。管理者がスマートフォンのアプリ上で操作するだけで時間を限定した鍵の権限の受け渡し、ゲストの入退室履歴をリアルタイムで閲覧出来る。

今回の実証実験では、フォトシンスのスマートロックロボット「Akerun」と、日本ユニシスのさまざまなプラットフォームサービス構築におけるノウハウを組み合わせることにより、三井不動産のテナント企業のワーカーに、新しい働き方、ワーキングペースをスピーディーに提供することが可能になると考え、ワーカーのニーズ、利用形態、有効性など、その効果と課題を共同で検証するとのこと。