• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

デジタルサイネージ・動画配信サービス等展開のデジタルクルーズ、総額3億円の資金調達を実施

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

デジタルクルーズ株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:押田 賢一)は、クラウドサービス事業(デジタルサイネージサービス、動画配信サービス)の強化及びメディア事業へ新規参入するため、みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合(GP:みずほキャピタル株式会社)をリード投資家として、名古屋テレビ・ベンチャーズ合同会社、東京神奈川イノベーション応援1号投資事業有限責任組合、株式会社マイナビを引受先とした第三者割当増資により、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表した。

デジタルクルーズは、デジタルサイネージサービス、動画配信サービス等のクラウドサービス事業を展開している。

サイネージサービス(admintSignage)では、AndroidのSTBを利用したネットワーク型サービスを業界に提供しており、現在、利用端末総数は1万台を超え2020年に4万台超えを目指すべく機能強化を実施していく。

動画配信サービス(admintTV)は、主に企業向のVOD/LIVEといった動画配信サービスに加え、OTT動画サービスを簡単に短期で構築できる新サービス(admintTV Biz)を来春リリース予定で、admintTV Bizは、会員管理、決済、DRM(著作権保護)及びサイトを制作・管理するCMSなど全ての機能をターンキーで構築可能とするもので、小規模~大規模までのあらゆる動画コンテンツ事業者へ向けて提供し、新たな顧客獲得を目指す。

デジタルクルーズは今回の資金調達により、サービス開発や人材確保を進め、海外への事業展開など将来に渡る基盤構築を目指す。