• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

5

グルメコミュニティアプリ運営のSARAH、約2.5億円の資金調達実施を発表

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

グルメコミュニティアプリ「SARAH(サラ)」を運営する株式会社SARAH(本社:東京都台東区、代表取締役:髙橋洋太)は、第三者割当増資による約2.5億円の資金調達を実施したことを発表した。
今回の増資により累計調達総額は約4.6億円。引受先は、三井物産株式会社、ハウス食品グループ本社株式会社とSBIインベストメント株式会社が共同で設立したプライベートファンドである、ハウス食品グループイノベーションファンド、株式会社Hidden Gems、東松山起業家サポート投資事業有限責任組合となる。

「SARAH」は、2015年にリリースしたレストランの一皿に対する口コミを中心とした、グルメコミュニティアプリである。

人気のメニューランキング、人気のユーザーを表彰するユーザーアワード、各ジャンルを極めたグルメマスター、レストランのおいしい一皿を表彰するメニューアワードなど、様々なコンテンツを提供している。

今回の増資に伴い、「SARAH」の更なるサービス拡充、組織体制の強化はもとより、プロモーションの強化により一層注力し、サービスの認知・普及の拡大に取り組んでいく。

また新サービスである、企業向けに外食ビッグデータを分析する「Food Data Bank(フードデータバンク)」の販売も開始し、売上促進にも取り組んでいく。