• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

8

ゲーム実況アプリ「Mirrativ」を運営するミラティブ、総額35億円の資金調達を実施

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ゲーム実況アプリ「Mirrativ(ミラティブ)」を運営する株式会社ミラティブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:赤川隼一)は、JAFCO、グローバル・ブレイン、YJキャピタル、グロービス・キャピタル・パートナーズ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、ANRIを引受先とする第三者割当増資により31億円(2月12日契約完了時点。当ラウンドでのクローズ予定調達金額:35億円)を新たに調達したことを発表した。

ミラティブが運営する「Mirrativ」は、スマホ1台で誰でも簡単にゲーム実況ができるスマホゲーム配信サービスである。

2018年8月には、スマホ1台だけで誰でもVTuberのように配信・ゲーム実況ができるアバター機能「エモモ」をリリースした。

今回の調達資金を活用して、マーケティングの強化、スマホ1台だけでバーチャルYouTuber(VTuber)のように配信が楽しめる「エモモ」を中心としたアバター世界観を拡張する研究開発、新規事業の推進、さらにグローバル展開等を積極的に推し進めていく。