• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

クラウド受付システム「RECEPTIONIST」開発のディライテッド、Salesforce Venturesから資金調達を実施

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

クラウド受付システム「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」のディライテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:橋本真里子)は、セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一)の投資部門であるSalesforce Venturesを引受先とする第三者割当増資により資金調達を実施したことを発表した。

ディライテッドのクラウド受付システム「RECEPTIONIST」は、内線電話を一切使わないことで受付業務を効率化する点を評価され、順調にサービス利用が拡大してきた。

また、2018年12月より提供開始した「調整アポ」は、日程調整から受付までをワンストップで効率化するツールである。

今回の資金調達に伴い採用を強化し、新製品および新機能開発のスピードアップを図ると共に、利用企業拡大のためのマーケティング・営業活動と既存顧客のサポートを強化していく。