• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

営業特化型クラウドソーシング「kakutoku」展開のカクトク、約1.4億円の資金調達を実施

  • 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

即戦力のフリーランス営業職と企業をつなぐマッチングプラットフォーム 「kakutoku」を展開するカクトク株式会社(本社:大分県別府市、代表取締役:満田聖也)は、大和企業投資株式会社、朝日メディアラボベンチャーズ株式会社、株式会社iSGSインベストメントワークス、株式会社ドーガン・ベータの運営するファンドを引受先とした約1.4億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

カクトクが展開する「kakutoku」は、即戦力のフリーランス営業職と企業をつなぐマッチングプラットフォームで、企業は「kakutoku」を通じて、自社のサービスや商品と相性の合う即戦力の営業人材に業務委託形式で仕事を依頼できるため、採用難による採用コストの増加や人材のミスマッチを回避し、短期間の営業組織の拡大が可能となり、フリーランスの営業人材にとっては、オンライン上で自身の顧客とシナジーの合うサービス、商品を提供している企業を検索し、面談を通じて複数の企業から案件を請け負うことで、自身のスキルを活かせる営業案件を自ら探す必要がなく請け負うことが可能となる。

今回調達した資金は、「kakutoku」プラットフォーム拡大に向けた営業・マーケティング体制の強化と、「kakutoku」プラットフォーム上で、営業即戦力を組織化するためのサポート強化及びマネジメント機能の開発に利用予定である。

今後も「kakutoku」では、定期的に、営業即戦力人材の特徴や、強みを適切に把握し、サポートを行うことで、営業即戦力と、企業との相性のマッチングを効率的に支援していく。